ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2018

今季の女子メジャー大会第1戦、ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップは見どころが多い大会でした。

茨城カントリー倶楽部西コースはメジャーに相応しいコースになっていたようで、強風がさらに追い討ちをかけて屈指の難コースになっていました。結果として四日間でアンダーパーが三人のみという厳しい大会でした。CATVで一番ホールから中継してくれていたので、じっくりとコースや女子プロのスイングをチェックできて、面白かったですね。

勝った申ジエは17番の第2打の2オンのショットが秀逸でした。元々ショットメーカーですが、とにかくUTが抜群に上手いですね。我慢して勝負どころできっちり仕事するあたりは百戦錬磨ですね。ただ、スロープレイが結構あって、同伴者にも悪影響があったように思います。フェアにプレイファーストをして欲しいと思います。

鈴木愛は前半でロングパットで3連続バーディと伸ばしたあたりでは勝てる試合だったように思います。17番ロングの第2打で勝負が決まった感じです。ただ、流石のパットが何度もありましたし、強いですね。イ・ジョウウン6は昨年度の韓国ツアーチャンピオンということで注目していましたが、3日目までは圧巻のプレイでした。ショットもいいし、堅実なプレイが光りました。最終日はプレッシャーからか崩れましたが、いいゴルフをしますね。ショートゲームに課題はありそうです。

たまにはじっくりと色々な選手のゴルフを見るのもいいですね。


IMG_0566