読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

144日目

今日は明日からのゴルフウィークに備えて、ドライバーのレッスンを受けました。チェックを受けたのはアドレスのときの手の位置。ハンドアップすべきか、どの位置が適正なのかわからないときがあって、これが手打ちになってしまう原因にもなっているので、相談しました。

結論としてはアドレスのときは自然にするのがよく、正解はないとのこと。実際に今の位置でスイングした場合でも、インパクト時とは必ず変わるとのこと。ただし、マキロイやガルシアのようにアドレス時からハンドアップで左腕が伸びた形から、テイクバックをしてインパクト時に同じ位置に戻るという方法もあるとのこと。

実際にやってみると、意外といい感じ。左腕の変な動きを止めることができそうです。これで手打ちではなく、身体の回転でスイングができればいいですね。アイアンも同じことが言えるようで、実際に練習してみましたが、いい音でインパクトできました。これは使えそうです。少しラウンドで試してみたいと思います。

Pro