読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

121日目

最近、グリーン周りでざっくり、シャンク、トップなど、きれいにアプローチが出来ていないので、スコアメイクのためにも集中レッスンを受けました。

まず最初に指摘されたのが、手を使いすぎな点です。インパクト後のクラブの位置が問題ありとのこと。どうも手首を曲げてすくい打ちような動作が入ってしまうようです。左に体重をしっかりかけて、テイクバック後は体の回転でインパクトして、フォローはそのまま真っすぐにすること、が重要とのこと。ロフトがあるので、ある程度は上から打っても大丈夫。

確かに、レッスン前の後ろからの映像ではフォローでクラブが見えなくなっていますが、プロのアプローチではしっかり、インパクト後のフォローでクラブが見えます。下の写真のように、クラブヘッドを前へ出すイメージです。なるほど。距離感は振り幅では出しづらいので、インパクトの強さで決めるとのこと。来週のコースで早速実践してみよう。

spo1204190739000-p1