レッスン68日目

今日は昨日の課題だったドライバーのスライス撲滅レッスン。プロにチェックしてもらいました。

長尺になるほど右手首が固定できずにフェイスが開いてしまうのが原因とのこと。一番分かりやすいのはフォローの後の手の向き。バックアングルからみると、明らかに手のひらが見えてしまいます。アイアンと同じように、手首を固定して体を回転してフェイスをキチンと返すことで、フォロー後に手のひらは見えないようにできます。

また飛ばそうと思って力が入り、体が伸び上がってしまうのも、スイングプレーンがズレている原因。体を正しく回すことで、素直に打てばボールは右に出ますが、スライスは絶対しないとのこと。なるほど。

来週は久しぶりのコースなので、実戦で試してみたいですね。