読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッスン57日目

今日も祝日なので、朝からアイアンの集中レッスン。

レッスンプロから、テイクバック時の手の高さを指摘されました。右肘が身体から離れてしまうので、これで手打ちになってしまうとのこと。右肘を身体に近づけることで、テイクバックの手の位置が低くなり、身体の捻転でスイングができるはず。また、グリップも右手を少しオープン気味にすることで、アドレス時に後ろから見て左手が上にあるようにしました。

最初は窮窟なスイングになるかなと思いましたが、身体が捻転し軸がぶれないので、あとは右前へ押し出すイメージをつければ、真っ直ぐにいい当たりがでました。後方から見ると、インパクト後にグリップが見えて、かつフォローでテイクバックの位置より上へスイングすることができます。このレッスンは目から鱗でした。なるほど。今までにない感覚でインパクトできます。

よくゴルフ雑誌でタオルを脇に入れたままスイングするレッスンを紹介していますが、この感覚がこれですね。とにかく早く腰を回転させて、右前へ押し出すイメージが重要です。アイアン以外のUTでもこのスイングは有効ですね。このイメージを忘れずに、もう少しスイングを固めていきたいですね。