レッスン46日目

今日は天気も良くて、ゴルフに行きたかったですね。

とにかく、朝練へ。先日のコースで課題だったドライバーのスライス防止をレッスンプロに確認。スイングスピードをあげて距離をかせぐと、フェイスがカットぎみに入ってしまうのが原因では、とのこと。ではそれをどう防ぐか、です。

コーチを受けたのは左腕の捻転。テイクバックからフェイスでのインパクトまではOK。そのあとのフォローのときに、今まではそのまま押し出すイメージでスイングしていました。これはアイアンと同じスイング軌道。これを少し工夫して左腕をねじって、フォローしながら左手ひらが身体にむくようにスイングする。これによって、左脇も開きませんし、スライスは防げるはずとのこと。

フォロー後の左手がこの向きになるイメージです。なるほど。

20140706_123123


確かに練習してみるとスライスは防止できそうです。但し、フェイスをかぶせるイメージにもなるので、弾道が低くなります。これは腰を早めに回転することでボールが上がるとのこと。イメージはつかめましたが、スイング修正には少し時間がかかりそうです。コーチ曰く、全てこの打ち方の必要はなく、場合分けで、飛ばしたいときとか、右に絶対打ってはいけないときに、このスイングをすると良いとのこと。コースマネジメントですね。