165日目

今日も朝レッスンへ。少し喉が痛い感じなので、どうしようか迷いましたが、今週末コンペなので、アイアンの最終チェックへ。

最近、インパクトが良くなってきていますが、これは維持できています。プロから今日指摘を受けたのは、若干アウトサイドからインパクトしているという点。軽いフェードになりそうとのことですが、もう少しインサイドアウトインパクトできれば、曲げるゴルフができるとのこと。

そこで、インサイドアウトを意識してスイングをチェック。トップまでは特に問題ないので、そこから少し腕が下がってから身体を回転してインパクトのイメージです。ただし、そのままではプッシュアウトしてしまうので、フェイスを戻す感じです。なかなか難しいですが、トッププロのドローヒッターは確かにそういうスイングしますね。バリエーションが増えるのは良いことなので、練習してみよう。

ibomi01_20131123

164日目

今日もいつも通り朝レッスンへ。今朝は久しぶりにドライバーのスイングチェックを。いつもの朝いちのプッシュアウトやチーピン、これらをチェックをしてもらいました。

まず指摘されたのは頭の位置の上下動。テイクバックするとヘッドダウンして、インパクト時にヘッドアップすることが原因かもとのこと。確かにスローでみると、かなりヘッドの位置が上下動しています。これをヘッドアップ時に位置をキープして、そのままの頭の位置でスイングをするレッスンを。

確かにこれをするとミート率が上がる感じです。ドライバーは一番長い番手なので、上下動が多くなるので、これでインパクトが安定しないとのこと。インパクト時にヘッドアップしない場合はそのままでいいみたいですが、どうも身体と一緒にヘッドアップするようなので、これを直せばよさそうです。

アイアンは最近、調子が良いのでこれを維持しながら、ドライバーもいい当たりしたいですね。

impact

163日目

今日は先日の反省をふまえてアイアンのレッスンへ。今日は8Iの集中レッスン。

最近右肩の調子がいまいちでしたが、昨日カイロプラクティックへ行って改善。今日はいい感じのダウンブローで打つことができました。なんとなくわかったことは、アドレスの時からハンドファーストを強く意識して、グリップが左脚の前になる位に極端にしてからスイングを始動すると、いいインパクトになるみたいです。

プロいわく、これは手首の動きを止めることになって、いい当たりが出るとのこと。実はUTはそういうアドレスでいい当たりが出るので、同じ原理なんでしょうね、きっと。この感じで12月のラウンドでいいラウンドがしたいですね。

ところで、最近7Iだけ打感が最近おかしいので、もしかしたら接着面など問題ありそうな感じがしています。そろそろアイアンも換え時なのかも。もう少し考えます。

show_img

アジア取手カントリー倶楽部

昨日はミニコンペでアジア取手カントリー倶楽部へ行ってきました。セグウェイでのプレイです。

幸い天候にも恵まれて、川沿いにも関わらず風もあまりなくて暖かい一日でした。ただし、コースが詰め込みすぎで、午後はハーフが三時間以上もかかりりました。これでは待ち時間が多すぎてリズムも狂うし、身体も冷えるのでゴルフになりません。49,53の102と無難なプレイでした。

課題はセグウェイでのプレイで足腰が疲れてきて、午後はカット気味なスライスが多くなったことですね。スタミナ不足です。良かったのは60ヤード前後の距離でのショット。56°を活用して短く持ってしっかり当てるようにしました。来月のラウンドでも活用したいですね。 20171124_131845

162日目

今日は久しぶりにレッスンへ。先日のラウンドでいまいちだったアイアンをチェック。

スイングプレーンは悪くないようでしたが、フェースコントロールがダメとのこと。これがボールが捕まらなかったり、ダフる原因とのこと。修正ポイントはハンドファーストのキープとフェースローテーション。特にフェースローテーションが出来ていない点を重点的にチェックしてもらいいました。

イメージとしては左手を右手が追い越して、フェースがターンする感覚ですね。確かにFWやUTでは身体の回転を重視するので、あまり意識しない動きかもしれません。アイアンではかなり極端にやってもつかまるいいボールを打てます。これは次回のラウンドで意識してやってみよう。

491771490

沼津カントリークラブ

先日、今年のゴールデンウィークに雷雨で中止になった沼津国際カントリークラブへリベンジに行ってきました。

気温は低い一日でしたが、天候は快晴。風も少なく、素晴らしいコンディションでのプレイ。富士、箱根コースをラウンドしました。ここはアップダウンがあり、グリーンがとにかく早くてアンジュレーションも多く難しいコースです。コースマネジメントが試されるいいコースです。

スコアは57,59の116と叩きました。これはバンカーが固くて苦戦したのが1つの原因。あとはアイアンが右へ行くのがずっと続いてグリーンに寄らない一日でした。これはレッスンで戻さないと。良かったのはドライバー。狭いホールでもドライバーでボールを捕まえるボールを打つことができたことは収穫。この感覚を忘れないようにしたいです。

20171116_071554

ミッションヒルズ カントリークラブ

先日、長瀞にあるミッションヒルズカントリークラブへ行ってきました。ここはピート・ダイ設計のコースということで、難しいコースを予想していました。

早朝からすでにたくさんの組がいて、いやな予感はしましたが、的中。ただでさえ、山岳コースなのに詰め込みすぎ。前方のカートがGPS無しで見えないのに、目視確認でラウンドしてくださいという無謀さ。これには驚き。

コースは山岳コースで打ち下ろし、打ち上げの連続。フェアウェイはピート・ダイ設計らしくうねっていて、グリーンまで花道なしという、なかなかの難コースで、Inでは170ヤード以上のクラブを使えないPar4があるというかなりトリッキーなコースでした。

スコアは56,57の113とさんざんな結果に。バンカーが砂少なすぎですし、とにかくフェアウェイが狭いです。山岳コースなので、ボールの落下点が見えないので、ロストボールも結構ありました。課題はアプローチ。確かにワナにははまりましたが、リカバリが上手く出来なかったのは腕がないということ。練習あるのみ。

20171103_135406