160日目

今日はあいにくの天気でしたが、幸い朝から用事があったので夕方に立ち寄りでレッスンへ。

相変わらずアイアンが安定しません。スイングプレーンが若干たて振りになっていたのを修正してもらい、あとは左脚を少しつま先を開くようにへ変更して身体の回転を早めることで、分厚いインパクトを狙います。なかなか難しいですが、いい当たりが出ます。これは良さそう。逆に右脚はどっしりと重心を置く必要があるので、平行のままで。

あとは手打ちにならないように、身体の中心を意識してスイングを。そうすれば外からではなくて、必ず内からクラブヘッドが入ってくるはず。これをもっと意識しないと。コンペも近いし、がんばろう。

20171015_170426

ザ ナショナルカントリー倶楽部 千葉

今日は三連休で好天だったので、急きょスルーでザ ナショナルカントリー倶楽部 千葉に行きました。コースは相変わらず素晴らしい状態で、グリーンも早かったです。砲台グリーンとガードバンカーは手強いですね。

トップスタートだったので快適なプレイ。苦戦しながら49,51の100と昨年よりもかなり改善。良かったのはアイアン。レッスンの成果かありました。ドライバーはその分、いまいち。ブッシュアウトが多かったです。もっとフェアウェイキープしないと。

[画像:804ed269-s.jpg]


159日目

今朝のレッスンはボロボロ。まずはアイアンがまともに当たりません。昨日飲みすぎということもありますが、身体が完全に忘れてしまっている感じでした。迷わずプロに相談。

まずはスイングプレーンがずれていてアウトサイドからインパクトしていました。さらにフェイスローテーションが出来ていなくて、手が早く打ちに行く以前のすくい上げになっていました。そこで、初心にかえって、しっかり身体回転でインパクト後の右手甲が見えるようにローテーションするレッスンを。やっといい当たりが出ました。下の写真のように正しく身体回転を先行して、身体でインパクトするようにしないといけませんね。どうもドライバーを練習すると、アイアンがダメになります。これはなんとかしないと。

2017090715444665821

158日目

先日のラウンドでドライバーがプッシュアウト気味だったので、久しぶりにドライバーのレッスン。

テイクバックからトップ位置から少し下がってからインパクトにいく軌道はいいとのこと。問題はフェイスコントロール。後ろからの映像でインパクト時に左手甲が見えてしまう、これが原因とのこと。つまり正しくフェイスが戻っていないため、プッシュアウトすることがあるってことですね。

そこで、早めにフェイスを切り替えて、右腕が曲がる感じで押し出すイメージでのインパクトをレッスン。やりすぎるとひっかけになりますが、レッスンではフェイスコントロールの感覚をつかむためには重要ですね。下はイ・ボミ選手のドライバー。明らかに左手甲は後ろから見えません。この感覚をなんとか確実につかみたいですね。

show_img

姉ヶ崎カントリークラブ

今日は久しぶりに平日ゴルフ。初めて姉ヶ崎カントリークラブへ行ってきました。

右膝の痛みはありましたが、いいイメージで西コースoutからのスタート。コースコンディションは抜群、天気は最高でした。若干膝の痛みからかドライバーがプッシュアウト気味でしたが、全体としてはいいプレイができました。

49, 50の99となんとか100切り。アイアンはかなりいい当りがありました。課題はアプローチ。中間距離が合いませんでした。練習あるのみ。

20170925_073015

157日目

今週は駅のエスカレータで転んで、右ひざを強打。ずっと痛みが取れない状況です。ですが、明日コースに行くので、軽めにレッスンへ行ってきました。右ひざだったことは不幸中の幸いだったようで、なんとかスイングはできそうです。

プロにアイアンをチェックしてもらいましたが、身体の回転の際に右ひざが前にでてしまう悪いくせが全く出ていないようです。右ひざが曲げられないので、軸がぶれずに回転できているようです。まさに怪我の功名ですね。この感じであれば、いいアイアンショットが打てそうです。

Golflesson

156日目

今週末は三連休ですが、あいにくの天候。でも、室内レッスンなので大丈夫です。 今日も引き続き、アイアンのレッスン。

だいぶ鋭角に打てるようになってきました。フォローの位置も安定してきました。今日プロからアドバイス頂いたのは、右ひざの使い方。腰を先行して回転しようとすると、どうしても右ひざだけが前に出て、右足は浮いて身体が浮き上がってしまい、結果的にフェイスが開いたままインパクトしてしまう傾向があるとのこと。

そこで、身体の回転のレッスン。右足だけで身体を回転するのではなく、左足も意識して右足はベタ足でできるだけ踏ん張るイメージです。女子プロがよく実践していますが、これは効果あります。イ・ボミ選手のアイアンの正確性はこのあたりにあるんでしょうね。ラウンドでも意識してみよう。

Iron